特定非営利活動法人(NPO法人)北海道カラーユニバーサルデザイン機構│Hokkaido Color Universal Design Organization

グラフを作成する場合に注意する点は?

質問 グラフを作成する場合、注意する点を教えて下さい。

回答 各色覚タイプの方にできるだけ区別しやすい配色を、シミュレーション等で確認し選びます。円グラフや棒グラフでは、白や黒などの境界線を入れて隣と区別しやすくする事も大切です。

また、色の違いだけではなく、ハッチング等も併用すると良いでしょう。棒グラフでは、上下の対応線を入れるとより効果的です。折線グラフの場合、線は極力太して、実線と破線、●と▲などの形状の違いも併用するなどの配慮が必要です。

さらに、それぞれのグラフに凡例を用いる場合、図中に直接書き込むとより分かりやすくなります。できあがった図版をモノクロコピーして、きちんと情報が伝わるかを確認してみるのも、効果的な一つの確認方法です。

お気軽にお問い合わせください TEL 011-791-9450

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

色弱者を募集しています

北海道CUDOでは、活動にご賛同いただける色弱の方を募集しております。入会して定期的な集いで情報交換したり、検証事業に関わったりなど、様々な携わり方があります。ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせ下さい
  • facebook
北海道カラーユニバーサルデザイン機構ブログ
PAGETOP