理事長交代のお知らせ

日頃はCUDの普及啓発にご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございます。

さて、私谷越は、4月26日に開催されました北海道CUDOの総会をもちまして、理事長を退任いたしました。

実は僕自身、数年前から考えていたことでした。

この活動を継続して発展させていくために、考え抜いた末の結論でした。

 

ようやく後任の目処がついた矢先に、日本でコロナウイルス感染拡大が始まりました。

そのような混乱状況の中で、大丈夫だろうかと一瞬迷いましたが、やはり一度決めた事です。

じっくりと時間をかけ、引き継ぎを進めました。

 

北海道CUDOを設立して、ちょうど15年が経ちました。

改めて振り返りますと、本当に、いろんなことがありました。

ひとことでは、とても言い表せません。

 

北海道CUDOには専従者もいなく、僕自身の本業を持ちながらの活動は、全てが初めての事だらけで確かに大変な一面もありましたでも、

とても楽しく活動を続けてくることができました。

 

北海道CUDOは、色弱者が不便を感じない社会を実現する目的で活動を始めました。

まだまだ志半ばではありますが、悔いはありません。

その時その場で僕にできることを只々懸命に取り組んできました。

そういう意味では、僕自身の中で達成感はあります。

 

後任には、今まで理事を務めてくれた倉内さんが就任しました。

ガラッと若返ります。

この15年間、僕は会の先頭に立って正にど真ん中で走ってきました。

これから暫くは顧問として、陰でサポートしていきたいと思います。

 

皆さまにおかれましては、これまで同様に、新体制へのご支援ご協力をいただけると大変嬉しく思います。

これまで会の活動に携わっていただいた皆さま、サポートしてくれた全ての皆さまに、この場をお借りして、心から御礼と感謝を申し上げたいと思います。

本当に、ありがとうございました。

 

本来なら直接お会いしてお礼申し上げるべきところではありますが、世情を踏まえ略儀ながらこのような形で御礼申し上げましたこと、お許しください。

ありがとうございました。

谷越律夫