特定非営利活動法人(NPO法人)北海道カラーユニバーサルデザイン機構│Hokkaido Color Universal Design Organization

色覚の治療は出来ますか?

質問 色覚の治療は出来ますか?

回答 この質問はとても多くの色弱の方、あるいは色弱のお子さんを持つお母様からいただきます。そんなときに私どもは、とても慎重にお答えしなければならないと威儀を正します。そもそも治療というのは異常な状態のものを正常な状態に戻すことを言います。色覚異常とか、色覚障害という言葉の裏には、色弱は劣っているという考え方が潜んでいます。

実は、色覚とは遺伝的な多様性があるものであり、正常、異常という論議に無理があったのではないでしょうか? 例えば日本ではA型の血液型が多くAB型が約10%ですが、A型が正常でAB型を異常とは言わないのと同様に考えていただきたいのです。

カラーユニバーサルデザインを推し進める上で問題となっているのは、色覚が多様であることが知識として社会全体に行き渡っていないことです。そして、色覚多数型集団(C型)の人たちが得意な色づかいで、またC型の人たちだけに通じる色の名前でこの社会が組み立てられてきたことです。

物事を反対側の面から科学的に冷静に見れば色覚の障碍は個人に属しているものではなく、社会の方に属していると言えるのです。つまり、色弱の治療方法は社会全体をカラーユニバーサルデザインにすることだと言えるのではないでしょうか?

私たちは、色弱者のみならず、すべての人の未来のための社会創りに少しでも貢献していきたいと思っています。

お気軽にお問い合わせください TEL 011-791-9450

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

色弱者を募集しています

北海道CUDOでは、活動にご賛同いただける色弱の方を募集しております。入会して定期的な集いで情報交換したり、検証事業に関わったりなど、様々な携わり方があります。ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせ下さい
  • facebook
北海道カラーユニバーサルデザイン機構ブログ
PAGETOP